定年退職記念アルバム

写真自分史とは

2007年以降過去最多の定年退職期を迎えることから、各方面よりさまざまな社会現象を予測するデータが発表されています。今まで企業活動の重要な部分を支えてきた人材の定年退職によって、かけがえのない技術や情報が損なわれるという予測もその一つです。

企業に歴史やドラマがあるように、企業とともに成長し、基幹部分を担ってきた熟年社員ひとりひとりにも物語があります。今こそ、定年退職者個人に焦点を当てた写真自分史《定年退職記念アルバム》を、社内より集ったアルバム製作委員と共同で作り上げることが大切な財産の発掘になるのではないでしょうか。

定年退職予定者の仕事観、熱意や知恵を聞き出し、伝承すべく価値観やマインド等を次世代にしっかりと伝えることは、企業にとって有益なことと考えます。この製作過程において、さまざまなエピソードから浮かびあがるキーワードから、企業の役立ち方や事業の方向性まで現れ、ひとつの職業史として新たな価値が創造されます。

完成した定年退職者の写真自分史は、記念品として贈られると同時に、退職者個人の志が一冊のメッセージとして企業に永久保存されます。

定年退職を節目に、自分の今までの足跡を明らかにして、新たな出発の"元気の源"になることを期待します。

ページの最初へ戻る


中面イメージ

写真自分史講座概要

開催講座

  1. 定年退職記念アルバム制作セミナー
  2. 写真自分史アルバム制作セミナー

大まかな流れ

  1. 編集の材料となる写真(アルバム)を持参していただきます。
      ※ご自分の生い立ちから現在までの人生を振り返る写真をご用意ください。
  2. 対象者1名と「アルバム製作委員」1名の計2名で研修に参加となります。
  3. 製作委員がインタビューを行って、アルバムのストーリーを作ります。
  4. 製作委員が作成したアルバムのストーリーに沿って対象者がお手持ちの写真を整理します。
  5. 整理した原稿と写真より、後日、印刷製本しアルバムをお送りします。

対象

企業トップと後継者、定年退職者と後輩社員、先輩社員と後輩社員、先輩社員と新入社員など、
企業文化継承、技術・技能伝承の視点での組み合わせをお勧めします。
40歳代、50歳代ではこれからの人生への向き合いかたなど
人生の節目にあたってリセットの意味も持ちます。

企業1社につき2名1組での参加となります。

製作費(税別)

写真自分史アルバム

1冊 43,900円
A4版 上製本 カラー14頁
増刷 1冊 5,900円

定年退職記念アルバム

2冊 54,600円
A4変型版 上製本 カラー16頁
増刷 1冊 6,300円

個別セミナー開催時の講師料

個別セミナー開催は別途講師料金がかかります。

2組まで

講師1名 1泊2日 100,000円
(交通費、宿泊費別途)

3組から5組まで

講師1名 1泊2日 100,000円
補助1名 1泊2日 50,000円
(交通費、宿泊費別途)

6組以上

要相談

お問い合わせ

株式会社 博進堂
〒950-0807 新潟市東区木工新町378-2

お申し込みはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

参加者の声

第一回

第一回の講座にご参加いただいた方々の声をファシリテーショングラフィックにまとめました。

第1回参加者のふりかえり

第二回

第二回の講座にご参加いただいた方々からは、次のような感想をいただきました。

  • 会社の話や感動的なお話に胸が詰まった。
  • 一緒に参加した周囲の人にも勇気を与えることができる。
  • 普段聞けないことも聞けた。
  • 家族でなくとも納得のいく聞き取りができた。
  • 将来の方向性を含めた社史になりえる。
  • 他人の冷静な目で見て編集していただくことで客観的に自分を見れた。
  • 人生のレベルが上がります。
  • 忘れていたことをインタビューしてもらうことで思い出した。