検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

地域・福祉

11件の商品がございます。
  • NEW

まちづくりは仲間づくり

販売価格: 540 円 (本体価格500円+税)
 本書は、まちづくりプロデューサーとして著者が全国各地で成果をあげた当時の経験から、現在の「地方創生」に向けたまちづくりに対する思いをまとめた一冊です。
数量:
  • オススメ

河田方式「地域の茶の間」ガイドブック 地域福祉の拠点 セット

販売価格: 1,000 円 (本体価格926円+税)
河田方式「地域の茶の間」ガイドブックと地域福祉の拠点の2冊セットです。
数量:
  • NEW

消えた角海浜

販売価格: 800 円 (本体価格741円+税)
夜明けのスキャットがヒットした1969年、角海浜が原発予定地に決定。
その5年後に全村民は村を後にし、角海浜は廃村となりました。
戦国時代に能登から移住してきた人達が織り成してきた、波乱万丈の歴史は終止符を打ちます。
廃村から27年後、日本で初めての巻町住民投票で角海浜原発ノーの答えが出ました。
作者:斎藤純子
数量:
  • NEW

古町界隈ぶらり撮り

販売価格: 2,700 円 (本体価格2,500円+税)
町歩きが各地で盛んに行われてる。観光地でなくとも、想いを持つ人と歩き、出会う人や出来事にときめき、感じたことが写真に残される。「町歩きの撮影会」で出会った写真好き11人が、新潟市中心部の古町で見つけた今。それぞれのテーマでセレクトした5枚の写真にその時の想いとともに展示した作品展。さらに町歩きの様子も編集した写真集。
数量:
  • NEW

わたしの見る日常RUNA編~みどり~

販売価格: 1,080 円 (本体価格1,000円+税)
女子中学生RUNA(るな15才)の日常や独自の人生観を秀逸な文章で綴ったフォトエッセイ。写真は妹のMIO(みお13才)が担当。
 ちょっと疲れた時にパラパラめくると自然に頬がゆるみ肩の力がぬけていくサプリメント的な一冊。
数量:
  • NEW

わたしの見る日常RUNA編~あか~

販売価格: 1,080 円 (本体価格1,000円+税)
女子中学生RUNA(るな15才)の日常や独自の人生観を秀逸な文章で綴ったフォトエッセイ。写真は姉のHINA(ひな17才)が担当。
 ちょっと疲れた時にパラパラめくると自然に頬がゆるみ肩の力がぬけていくサプリメント的な一冊。
数量:
  • NEW

水と土の芸術祭2015 市民プロジェクト記録集『葦潟』

販売価格: 1,566 円 (本体価格1,450円+税)
この記録集は、芸術祭を市民の立場から支える「みずつち市民サポーターズ」が自ら声を発し制作した市民が主役の記録集です。
新潟市には文化、歴史を受け継ぎ、新たな文化を生みだしながら地域に根ざした活動を行っている市民が沢山います。「市民プロジェクト」は、その熱意が水と土の芸術祭という場で様々な形で顕在化したものです。そのプロジェクト団体の軌跡を追った初めての記録集です。
数量:

奇跡の企業組合 生業の里「還暦を超えたお母さん達の挑戦」

販売価格: 972 円 (本体価格900円+税)
新潟県村上市山熊田 海岸線から約18キロの山奥に年間4000人が訪れる「生業の里」企業組合。事業が成立する理由が全くない土地でどのように組合が設立され事業が展開されているかを著者が15年間通いまとめあげた一冊。
数量:

一人になった時の自分とのつき合い方

販売価格: 432 円 (本体価格400円+税)
この本は、著者が一ヶ月もの間、家族と離れて介護施設で過ごす中で、自分と向き合い、時に反省したり、感謝の念が湧いてきたり、様々な葛藤が絶えず、どう自分とつき合って行けばよいかについての気づきをまとめた一冊です。
数量:
  • オススメ

河田方式「地域の茶の間」ガイドブック

販売価格: 500 円 (本体価格463円+税)
このガイドブックには、「地域の茶の間」の創設者である河田珪子さんが、「地域の茶の間」をつくられた原点の想いから今日までの道筋(エッセンス)が詰まっています。これまで現場で実践されてきた、河田珪子さんならではの心配り、気配りのノウハウを写真やイラストも交えて紹介しています。
数量:
  • オススメ

地域福祉の拠点

販売価格: 500 円 (本体価格463円+税)
全国に広がる「地域の茶の間」。その創設者である河田珪子さんのつくる「地域の茶の間」は、集う人たちがどんどん明るく元気になっていきます。そのヒミツを、実家の茶の間運営委員会の一人である清水義晴氏が分析し、実例を交えながらわかりやすく伝えています。
数量: